新型コロナウイルス感染予防対策

日本橋三井ホールでは、新型コロナウイルス感染予防対策を実施し、
利用者と来場者の安全・安心を心掛けたホール運営を行います。
利用者様および来場者様にはご不便をおかけしますが、
ご協力のほどよろしくお願いいたします。

緊急事態措置等の内容


項目 2021年12月1日(水)0時から
( 基 本 的 対 策 徹 底 期 間 )
日本橋三井ホール
での対応
劇場・集会場の利用
イベント開催 施設の収容人数
5,000人以下
【大声なし】
収容定員まで可
【大声あり】
収容定員の半分まで可
【大声なし】
収容定員まで可

【大声あり】
500名まで収容可

(正規収容人数1,000人)
施設の収容人数
5,000人超~
10,000人以下
【大声なし】
5,000人まで可
(「感染防止安全計画」を策定した場合、収容定員まで可)
【大声あり】
収容定員の半分まで可
施設の収容人数
10,000人超
【大声なし】
収容定員の半分まで可
(「感染防止安全計画」を策定した場合、収容定員まで可)
【大声あり】
収容定員の半分まで可
酒類の提供・持込
緊急事態措置又は
まん延防止等重点措置が
公示された場合の取扱い
開催制限
について
人数上限 ・5,000人
・「感染防止安全策」を策定し、東京都による確認を受けた場合
緊急事態措置区域においては10,000人
まん延防止等重点措置区域においては20,000人
・「感染防止安全計画」の策定に加え「ワクチン・検査パッケージ制度」を適用する場合
収容定員まで可
要請内容に準ずる
収容率 ・大声なし:収容定員の100%以内
・大声あり:収容定員の50%以内
「ワクチン・検査パッケージ制度」
の適用
について
・「感染防止安全計画」について東京都の確認を受けたのち
原則、緊急事態措置の目安(10,000人)
またまん延防止等重点措置の目安(20,000人)を超える入場者に対しては
「ワクチン・検査パッケージ制度」を適用すること
チケット販売の取扱い
・当該措置期間の公示が行われた日から
最大3日間の周知期間終了後までにチケット販売が開始された場合には
周知期間までに販売されたものに限り、当該措置期間中の規模要件を満たさずとも
販売したチケットのキャンセルを不要とする

会場内換気について

日本橋三井ホールの空調設備は、「興行場法」に基づく保健所の厳しい換気性能基準をすでにクリアしております。
ホール内では常時空調設備を稼働させ、外気を取り入れ、密閉にならないよう適切な換気・温湿度の調整を行っております。(約1時間に5回)

INFORMATION





感染予防グッズ

入口用消毒液(自動)
PHOTO
サーモグラフィー(1台)
PHOTO
非接触型体温計(2台)
PHOTO
配布用マスク(上限有り)
PHOTO
除菌シート(制限有り)
PHOTO
バックスペース用消毒液
PHOTO
備品用消毒液
PHOTO
マイク機器消毒液
PHOTO

会場としての感染予防対策について

日本橋三井ホールでは、新型コロナウイルスの感染予防及び拡散防止のため、
お客様に安心してご利用いただけるよう、下記の感染予防対策を行って参ります。
主催者様ご来場者様におかれましても、対策実施に格段のご配慮をお願い申し上げます。
内容につきましては、今後の状況により変更する場合がございます。
ご理解のほどよろしくお願いします。

会場としての対策

1会場スタッフの出社前体温チェック、体調不良の際は出勤停止を行う
2会場スタッフのマスク着用の義務化
3手指消毒用のディスペンサーを正面入口、バックヤードへ設置
4来場者へ対してマスク着用の義務化、当日未着用者はマスクを無償提供(枚数に上限あり)
5主催者様向けに、サーモグラフィー、検温キット等の貸出・手配業務代行または業者紹介
6非接触体温計の貸し出し(来場者への検温の義務化のお願い)
7除菌シートの提供(枚数に上限あり)
8飛沫防止用ビニールシートの設置
9マイク、インカム、ドアノブ、扉等の消毒
10イベント終了後、備品、機材の除菌
111ドリンク実施時のコップでの提供の取りやめ(缶、ペットボトル等の蓋つきのドリンクの提供)
121ドリンク実施時の会場スタッフの手袋着用
13喫煙所の閉鎖
144階正面入り口の常時開放
15主催者様に三密を避けたレイアウトのご提案
16中央管理式機械換気

主催者様へのお願い

1関係者及び来場者の入場時の検温の義務化、手指消毒の義務化、施設内でのマスク着用の義務化の徹底
2感染拡大防止グッズ及び飛沫防止対策の準備、実施(配布用マスク、アルコール消毒液、フェイスシールド等)
3来場者・関係者の緊急連絡先の記録
4受付~本番実施の際、ソーシャルディスタンスの確保、(2m、最低1mなど、今後の行政等からのガイドラインに基づく)
5行政の指導の下に、ソーシャルディスタンスを確保出来る人数で開催
6運営上支障ない範囲で開放できる扉は出来るだけ開放
7入場や物販の待機列は1m以上確保した間隔での整列
8列が伸びる場合、人数が多くなる場合は整理券対応の実施
9物販、展示など、極力一方通行のレイアウトで実施
10舞台と客席との距離は最低 2 メートル確保
11発熱・咳・倦怠感などの症状がある方へ来館をお控えいただく旨アナウンス
1237.5度以上の体温の方の入場のお断りの徹底